Kさん

通訳案内士合格の感想

普段からネットで、ドラマやニュスを見るのが趣味でしたが、それだけでは、ただ面白かったで終わってしまい、物足りなさを感じ、何か手元にる、勉の成果が欲しいと思うようになりました。そこでまず一番に思い浮かんだものが資格取得でした。

 

語試で主なものはTOPIK、ハングル定、そして通士ですが、TOPIKはすでに取得していましたし、ハングル定はまだ自分の力には程遠いと感じ、光に特化した範容を網羅していれば取得可能なガイド試を受けることにしました。

この試家試なので、もともと興味はありましたが、一次試の韓語試があまりにも難しく諦めていました。

ところが!なんと年前からTOPIK6級で筆記試語が免除になっていることを知り、この機を逃したらまたいつ受けられるか分からないため、一念起受することを決心しました。

 

そこで、まずはひろば語院の個人レッスンの先生に相談しました。自分の中だけで考えていると決心が鈍りそうなので、プレッシャを感じつつも、モチベションを保つには、やはり誰かに受宣言する事が大事だと感じました。

 

一次試は、外語、史、地理、一般常識、通訳実務があり、外語はTOPIKで免除を受けました。

史、地理は書店でガイド試用の考書を購入し、ひたすら暗記しました。ただやはり、過去問をみるとそれだけでは足りず、史は出事の時代背景まで、地理は今ホットな光地を知るために、旅行社のパンフレットを北から南まで全て持ちって頭に叩きみました。(際、参考書にはない光地が試にはたくさん出ました)

一般常識は、年間の日外や日本の文化、更には日本経済まで範いため、最新の情報を得られるインタネットを活用しました。

訳実務は、の資料に目を通しておけば答えられる問題でした。

なんとかギリギリ一次試を一合格したため、これはいけるのでは?と油してしまい、ほとんど準備せずに二次口述試の日を迎えてしまいました。

しかし本番は通問題で焦ってしまい、更にプレゼンテションや質疑答ではろくな返答が出んでしまい、やるのない受生と判されてしまったのか結果は不合格でした。

一次試免除は、翌年しか有でないため、何とか次は受かる必要がありました。

そこで、韓語通ガイド考書を購入し、日本文化にする語や表現を暗記するようにしました。しかし、えたと思っていても際人前で話すのは至難の技で、やはりそのまま丸暗記ではなく、自分の言葉で明できるようにしなければなりませんでした。

 

それには、ひろばの個人レッスンは最適でした。

まず宿題として、日本文化や光地にして2つのテマを決め、それを韓語で2分間明できるよう文章に起こし、授業中、先生に音や不自然な表現がないかなどをチェックして頂きました。

自身で作った拙い文章を人前で披露するというのはなんとも恥ずかしいものですが、ここで躊躇っていてはダメだ!と思い、本番さながらに表しました。

直前にも受講し、先生や室の方から「頑張ってね」というプレッシャを頂きつつ(笑)遂に2度目の本番を迎えました。

は見事に玉してしまいまし たが、プレゼンテションは何とか2分間話しけました。質疑答も決してってはいけない!とあたふたしながらも受け答えするようにしました。際のお題は準備していた容は全く出ず、何と「き方改革」でした

ただそれでも、授業で自分の言葉で話す練習をしたから出たのだと感じました。

何はともあれ、無事に最終合格しホッとしました。

 

際は、この資格で仕事をするまでの力はまだまだなわけで、これからもひろばの先生のお力をお借りして、 日向上していきたいと思いました。

 

チェ先生、有難うございました!