5ヶ月後に韓国へ

前触れなく、突然内示を貰ったところから韓国語とのお付き合いが始まりました。
私の会社は一般的な会社に比べて内示を貰う時期が早いようですが、「海外へ転勤だ」と言われると、たとえそれが5ヶ月前であったとしても唐突に感じるものです。
業務上、韓国語は必ずしも話せる必要はないのですが、現地スタッフと仲良く仕事をしたい、客先の心を掴みたい、現地の生活を楽しみたい、と思えば、韓国語のマスターはどうしても避けて通れないと感じていました。

韓国語学習について、私の希望は次のようなものでした。

(1)韓国語に関する知識が全く無いところからスタートできること
(2)モチベーションを維持できること
(3)短期間で効率のよい学習ができること

そして、これらについて実績があることが何よりも大切と思い、いろいろと探していました。そんな時、韓国赴任経験者の紹介で「ひろば」を知りました。
ひろばのホームページを拝見した時、(正直に申し上げますが)上の(2)(3)は今まで見た他のどんな学校よりも優れていると思いましたが、一番大切な(1)に不安を感じました。
韓国語に特化した強いイメージからそう感じたのかもしれません。そんな心配があったものの、時間的な制約もあり、とりあえず見学を申し込みました。
そして、最初の見学でそんな心配は一切なくなりました。
その見学では、私の置かれた状況をきちんと把握していただいた上で、その場で学習方針、学習目標、担当の先生を設定していただきました。
どんなニーズにも対応できる実力と実績があるからこそ、その場でのプランニングが可能なのだと思い、(1)もクリアになったのです。
見学して、説明を聞いただけで、(まだレッスンは1回も受けていませんでしたが) ポジティブな気持ちになれたことを憶えています。
ひろばでは韓国語初級Iのプライベートレッスン30回を2か月半かけて受講したのですが、レッスンを通じて私が感じたひろばの魅力を挙げたいと思います。

 

まず、第一に<先生が素晴らしい>

先生の教え方に「熱」があるのです。
「熱血」だとちょっとこちらが引いてしまいますが、ほどよい「熱」でした。
時には雑談でその熱を冷ましつつも、本当に熱心に教えてくださいました。
私が憶えていく過程を先生も一緒に喜んでくれているようでした。

2か月半通いましたが、お金を払って教わる、お金を貰うから教える、のようないわゆるビジネス的な匂いを感じたことは一度たりともありませんでした。
先生のこういう姿勢が、私の学習意欲をかきたて、モチベーションを上げ続けてくれたのだと思います。

<理解度を確認しながらレッスンを進めてくれる>
今までのレッスンでやった事を忘れてしまっていると、躊躇なくそこまで遡って説明し直してくれました。
プライベートレッスンならではなのかもしれませんが、これも私にとっては魅力の一つでした。
レッスンの進展を遅らせかねない、と生徒が感じて 「わからない」と言い辛いことってあり得ると思うのですが、ひろばではそんなことは全くありませんでした。
私が理解していること、が一番大事だと先生が考えてくれていたように思います。

<テキストや配布資料が要点をまとめている>
テキストには細かい説明はありません。

最初は簡素過ぎなテキストで決して良いとは思いませんでしたが、後になって見返せば「重要な項目に絞って学習に必要なエッセンスだけが書いてある」ことがわかります。

私の妻は居住地の問題でひろばに通えず、とある通信講座で韓国語を勉強していますが、両者のテキストを見比べれば一目瞭然です。 なんでも書いてあるテキストに黄色いマーカーで重要事項に印を付けることと、重要事項しか書いてなくてレッスン中に必要なことを書き足すこと、は覚える意味では後者が圧倒的に有効だと思いました。

配布資料、特に練習問題も後々使える資料になりそうです。

今までの復習をうまく取り込み、また使えそうなイディオムがちりばめられています。

<レッスン時間の融通が利く>
これも私にとってかなり魅力的でした。

2ヶ月半で30レッスンこなすには週3回のペースで通う必要がありました。
つまり、平日仕事が終わった後に通うということです。

仕事の終わりは日によって遅くなることもありましたが、「今日7時半からのレッスンの予定、8時半からに変更できませんか?」というリクエストにも応えていただきました。
もちろん先生のご都合次第だと思いますが、可能な限り対応していただける、という配慮があったのは間違いありません。

<良い辞書、良い参考書を教えてもらえる>
私は韓国赴任後、ひろばを離れた後もレベルアップしていくためにひろばの初級Iの教科書以外に参考書が必要と思っていました。

わりと大きな本屋に行って参考書などを探しましたが、納得できる本は無かったというのが本音です。
先生にアドバイスを求めたところ、今までのレッスンをふまえた参考書をいとも簡単に勧めてくれました。

今後は自分一人で勉強していかなければならないので、これも大きかったです。

ひろばの事務所には所狭しと参考書や辞書が並んでいます。
その膨大なものの中からベストな本を選んでいただいたかと思うと、とても私一人の労力で得られるものではないと思いました。
人それぞれ目標が違いますので一概には言えませんが、少なくとも私と同じ境遇にいらっしゃる方には、ひろばは有力な選択肢の一つだと思います。
お勧めいたします。 私と異なる目標の方々であっても、なにしろ「先生がいい」「実績がある」語学学校ですから、きっと素晴らしい結果をもたらしてくれると思います。
私の会社は韓国に事務所を構えて30年ほど経ち、赴任経験者が何人もおりますが、 彼らの話を聞く限り、韓国語学習においては、今のところ私は相当いい線をいっているみたいです。
本当に感謝しています。

転勤族なので、次に東京に戻れるかどうかわかりませんが、今度は会社の補助金ではなく、自腹でも通いたいと切に願っています。